やまのぼ倶楽部隊長日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 妙義山(相馬岳)2010年4月下旬 【前編】

<<   作成日時 : 2010/05/06 00:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

妙義山は上信越道を通る人にはお馴染だと思いますが、
あんな山登れるのか?という山です。

妙義山というのはややこしい。
表妙義や裏妙義があるし、表妙義の中にも白雲山や金洞山があるのです。
一応相馬岳が妙義山の最高地点らしいのでそこを目指すことにします。

皆さん、注意が必要ですよ。
このコースは上級コースで一般道ではありません。
くれぐれも注意してください 


高速の松井田妙義ICで下りると数キロで道の駅に着きます。
途中の民家のお庭は桜が満開でとても綺麗でした。
道の駅に駐車しようと思っていたけど、張り紙が…。
登山者はこちらに駐車してください。
ルールを守る隊長は指示に素直に従います。

ちょっとだけ遠くなりますが、妙義神社へ向かいます。
画像

神社の枝垂れ桜は終わってましたが桜が綺麗ですね。
画像

レトロな案内板が我々を迎えてくれます。
画像

ここから右斜めに行きます。
ここの先からが急登です。
ぐんぐん高度を上げて進みます。
長い鎖を過ぎると大の字の下に出ます。
ここまで40分。
画像

大の字へはほぼ垂直の岩を登りますが、
ステップが切ってあるので見た目より楽です。
曇り空だったけど見晴らし抜群。

下って先へ進みます。
9名の団体様と会いました。
大の字への登りで賑やかです。

辻の分岐点に着きました。
隊長達は上級コースを進みます。
下ると中間道へ行けます。
画像

画像

写真はありませんが、ほどなく奥の院へ。
ここの鎖場はちょっと危険。
ここで無理だと感じたら引き返すことをお勧めします。
鎖場が沢山ありすぎて緊張します。

大の字付近で会った団体さんは来ていないようです。
あのときはうるさいなと思ったのに静かすぎるのも不安になります。
今回の上級コースでは誰にも会いませんでした。

稜線に出ると切れ落ちているので高度感は抜群です。
高所恐怖症の隊長にはちとキツイ
でも曇りだったので助かった。
稜線に出て最初の鎖場はまた怖い。
落ちたら怪我では済みそうもありません。
画像

こんな感じで。

画像

画像


アップダウンが続きます。

大のぞきで休憩します。
画像


後編へ続くのであります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
妙義山(相馬岳)2010年4月下旬 【前編】 やまのぼ倶楽部隊長日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる