やまのぼ倶楽部隊長日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 筑波山 2011年2月中旬【前編】

<<   作成日時 : 2011/03/11 08:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

前日の事。
今夜から関東の平地でも雪が積もるという。
ならば赤城山の地蔵岳にしようと企画していました。
思ったより早く降りはじめ、夜にはすっかり積っています。
画像


当日、朝起きてみると、まだ結構な勢いで降ってます
この道路の状況だと交通事故が心配になり、
中止と言う事でまた寝ます

隊長の住んでいる関東平野の車はほとんどがノーマルタイヤで雪に不慣れです。
私はスタッドレスですが、過去2回雪事故ってるので慎重なのです。

ところが・・・です。
9時過ぎに嫁さんが起こしてきます。
すっごく良い天気だから山行こう、と。
隊長は行かないと思っていたので、やる気なしです。
しかも道路も積ってるしね。

でも隊長心をくすぐる言葉を言って来ます。
筑波山に行こう、と。
隊長にとって筑波山は俺の山だと言わんばかりに愛着のある山なのです。
かれこれ50回ほどは登っているのでは?
でも嫁さんはあんまり好きじゃないみたいなので、
結婚後は行く回数が激減してました。
その嫁さんが行こう、と。

待てよ。
この機会を逃したらいつ行ける事やら。
急いで支度します。

10時30分出発。
この時間でも行けちゃうのが筑波山

幹線道路はほぼ雪はありませんが、田んぼや畑は一面雪です。
画像


筑波山をこよなく愛する隊長ですが、
雪の時は今回が初めてなので内心ドキドキしてます。

ところが、麓の川を渡ったのを境に雪がありません。
周りは田んぼや畑なのに
こちらはほとんど降らなかったみたいですね。
画像

山頂付近だけが白くなってるだけです。

いつもの駐車場にも全く雪は無く、
12時出発。

ここでご近所のおじさんが話しかけてきて、
やはり雪は降らなかったそうです。
うちの方はあんなに降ってたのに不思議です。
全くの余談ですが、このおじさん。
都会生まれの都会育ちで、老後は田舎が良さそうだというので
奥さんの実家のあるこちらへ来たそうです。
でも都会が恋しいらしく、後悔している様子でした。


さて本題に戻り、
いつものケーブルカー脇の道を登りますが、
その前に。
福寿草が咲いているという事前情報を仕入れ、ちょっと寄り道。
画像


画像


画像


画像

なかなか立派なお花ですね。

いつもの樹林帯へ。
画像


登るにつれ、雪が増えてきました。
画像


画像

この枝葉についた雪が落ちるわ。
溶けて大雨のようになるわでちと大変。
画像


画像


とうとう雨具を着ました。
山頂の食事時の防風用と思ってたのですが思わぬ登場です。
画像

すでに車にゲイターを置いて来た事を後悔してます
嫁さんのゲイターが羨ましい。
画像


紅茶休憩。
画像


画像


画像

頑張って登ります。

画像

この日差しが雪をどんどん溶かします
画像


嫁さん、ちょっと滑ってます。
画像


画像

ここまで来れば後もう少しです。

14時 御幸ヶ原到着。
ちょっと時間掛かり過ぎですね。
でも慎重に転ばなかったので問題なしです。
画像

20〜30cmの積雪です。
画像


霧氷もみられました。
画像


画像




【後編】へ続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
筑波山 2011年2月中旬【前編】 やまのぼ倶楽部隊長日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる