やまのぼ倶楽部隊長日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 伯耆大山 2011年5月下旬 【その3】

<<   作成日時 : 2011/06/20 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

最近恒例の三歩ポーズをやりに、もう一度山頂へ。
嫁さんも。
画像


こんなに素晴らしい景色。
画像


そのまま帰るのはもったいないので、
岩室経由の木道を歩いてみました。
画像


画像


日本海に向かって下りて行くなんて、なんて素敵なんでしょう


この木道。
地面から1m以上も高い所もあり、
高所恐怖症の隊長は密かに怖がっておりました



山頂付近の標識には、大山の植物の説明などがかいてあり、

イワカガミ、チゴユリ、ショウジョウバカマ・・・、
ダイセンキスミレ。

あれ?もしかして、登ってくるときにかわいいスミレだね。
って言いながらも写真を撮るには難しかったのでパスしたお花

これは困りました。
こんな固有種見過ごしちゃ、お花好きの嫁さんの名がすたる

捜索開始です。
でも、こちらのコースにも直ぐにみつかりました
画像


画像

落ちないように撮影です。
(木道?崖?)


もうあちら側は崩落地です。
画像


木道はダイセンキャラボクの群落を囲むようにつけられています。
画像


画像

天然記念物でこの大山が南西限だそうです。
画像



周回木道が終わってちょっとした所で、
ガラガラと凄い音が。
画像

最上部から崩れています。
崩壊を目の当たりにしました。


画像

大山に咲く黄色いスミレはダイセンキスミレ以外には
無いそうなので間違えようがないそうです。
黄色ければ、それはダイセンキスミレ。
嫁さんが帰ってから調べてました。

画像



どんどん下って行きます。
画像


画像




計画では時間あったら元谷経由でと話していました。
なんてったってのろま隊ですからね。
あれだけのんびりしたのに、まだまだ時間に余裕があるので
元谷経由で下りました。
画像


すぐに急な階段です。
画像

幅が異常に狭かったり、広かったりと。
デカ足の隊長は狭いのは勘弁してほしいのです。

画像

美しいブナの森を眺めちゃうと危険です
こちらのブナのほうが太いかな?


北壁もみえました。 
画像


画像

ブナの新緑の合間にオオカメノキとタムシバの花が迎えてくれます。
画像



突然視界が開けて河原に出ました。
画像


避難小屋もあります。
上は大山北壁。下には日本海。
なんたる絶景。


大山をバックに大の字
画像


画像



下からこの河原までは、ハイキングコースできちんと整備された道になります。
軽装な方でもこの絶景を見られるなんて、
なんて大山はやさしいのでしょう。

画像


画像


画像</div

画像


画像


画像


長ーい石畳を下ります。
なんでも天然石で日本最大級とか。
画像



画像

ほぼ、ゴール。
登山口にあるmont-bellショップ。入口がピッケルなんですね。

画像



名残惜しげにホテルに戻ります。
伯耆富士を見てみたいとも思いましたが、時間切れです。
明日の食材を買いにスーパーへ。
魚コーナーには新鮮で安いアジの刺身。
ええ、買いましたよ。
ええ、直ぐに食べましたよ。

夕食は昨日とは別の所へ。
明日こそ早起きだからと思っていたのに・・・
いっぱい食べてしましました。
画像


のどぐろ。
画像


隠岐の島産の牡蠣。
画像


刺身7点盛り。
画像


はー。
どれも美味しく頂きました



蒜山へつづく。













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
隊長様、こんにちは!
1粒で2度美味しいとはこのことですね!
たっぷりと楽しませていただきました。
 
私にはなかなか西日本なんて
行く機会がないので
貴重な参考資料になります。
日本海が目の前で、
実際に見たらもっと凄いんだろうなと
想像してます。

それから、日本海の海の幸、
美味そうですね。
私は刺身で日本酒をグビが好きです!
よっしー
2011/06/26 07:11
よっしー様、こんにちは。
返事がホントにホントに遅くなって御免なさい。
既にご承知のようにいろいろありました訳です。

ブログをやめた訳ではないので、
またお暇な時でも覗いてください。
更新は相変わらず遅れるとは思いますが

それにしても白馬日帰りとは恐れ入りました。
我々は1泊2日でも疲れました
やまのぼ隊長
2011/08/04 01:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
伯耆大山 2011年5月下旬 【その3】 やまのぼ倶楽部隊長日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる