やまのぼ倶楽部隊長日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 飯豊山 【その2】 2011年8月末

<<   作成日時 : 2011/09/10 00:17   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

この水場から稜線合流点までは5から10分ほど。

やっと急登が終わり、楽になったかなぁ、と思ったのも束の間。

ここからは間違いなくストックは収納した方が良いでしょう。
画像

そんなこと言いながらも畳むの面倒なんで持ってますね。
説得力に欠けます

画像

三国岳までは緊張を強いられます。

画像

天候はいまいちですが、雨よりは遥かにいい。


高山植物に慰めながら頑張ります。
画像



ここで鎖やロープ無いの?
画像

本日最難関の所を登り終えたら、隊長の持病?
右脚が攣りました。

登ってわかったのはこの岩の右側に鎖がありました
いやー落ちなくて良かった。
登りの途中では1回しか攣った事が無いのに、緊張と疲れで発症したのでしょう。
通常はテントに入る時に靴を脱ぐときになります。
またはサポートタイツを脱ぐとき。
確率はほぼ100%かな


そして嫁さんが剣ヶ峰へ到着した時、
今度は左脚が攣りました

もはや嫁さんも呆れてますが、
ここまで来れば平らだから頑張れと励ましてます。
おぉ、素晴らしき夫婦愛

画像



自分でもストレッチしますが、
画像

やっぱり嫁さんのマッサージが一番なのです。

ありがとう。
そしてまたよろしく


剣ヶ峰を過ぎてもまだまだ気は抜けません。
画像


画像


雲も若干高くなったかな?
画像


画像

改めて写真で見ると結構な場所でしたね。


この水場まで来れば三国小屋はもうすぐです。
画像


画像

小屋番さんに聞いた所、ここは片足しか置けない崖の所を行くそうです
出来れば行きたくないですね。
我々は先程補給したのでパスして正解でした。



12時30分 三国小屋 到着。
画像



本日の最難所を越えたのでほっとしました。
で、昼食はホットサンド。
画像


画像


小屋番さんがそんな鍋持ってきたの?
と不思議そうに尋ねてきました。

実は隊長は鍋3個も持たされています。
こんな人いますかね?

愛敬は全くありませんが、話してみると山を愛してる無骨な男だという事が
わかります。

画像


画像

小屋の周りに咲く花。


すっかりゆっくりしてしまい、
ここからはコースタイムより大幅にオーバーしているので
何の参考にもならないとお断りいたしておきます。



13時40分 出発。
我々としてはいつもより早い出発で満足。
青空も出てきたし
画像


画像


画像



画像

ここからの切合小屋までの約2時間は細かいアップダウンの繰り返しです。


最近設置されたらしい梯子。
画像

鎖だけでは辛いと思われます。


嫁さんの大好きなお花撮影タイム。
画像


画像


画像



おぉ、だいぶ青空が出てきました
画像


画像


画像



でもこちらは雲。
画像


画像



画像


何でも無い所に印があります。
画像

このコースは全体的に印は少なめです。
ちょっと不安になりますが、問題ありませんでした。
剣ヶ峰周辺はもうちょっとあってもいいかなと思います。
間違えちゃったしね


15時30分 種蒔 到着。
画像


もうすでにここでコースタイムオーバーです。
へろへろでした。

ちょっと進むと遠くにですが小屋が見え、一安心。
画像

そうなれば大休憩です

画像


画像


画像


画像

この辺一帯はお花畑でした。

ここを越えると小屋に着きます。
画像


16時20分 切合小屋 到着。
時間はとても参考になりませんね
写真を撮るのを忘れてました。
早くテント張って休みたかったとの思いが強かったんでしょう。

小屋泊まりは大学山岳部4名、テント泊1名。
どうやら小屋番さんが山を下りてしまったので無料のようです。
小屋にしようか迷いましたが、
小屋は暗いし、プライベート空間が保てるテント泊にしました。
まぁ、単独のテント泊の人のおすすめもあったのも一因でした。

この単独のテント泊の男性とは色々お話し、情報収集しました。
隊長達の少し前に出発した人でした。
すでに山頂は行ってきたとの事です。
ここまではテント装備担いで4時間で来たとか。
かなりの健脚です。
隊長達は・・・

朝見たトレランの人は大日岳往復日帰り。

途中であった裸足サンダルおじさんは山頂往復日帰り。
夜中の0時に登って24時間以内の日帰り?飯豊全山縦走を計画してるそうです。

ここは変態しか来ちゃ行けない所なの?

かなりのマニアックに好かれている山ですね



小屋番さんのおっしゃった通り水があるので助かりました。
いよいよ待ちに待った夕食です。

画像

中身はホイル焼きでした。
画像


もう一つは、
画像

パスタ入りポトフ。

こちらは作り過ぎてしまったので単独の方にお裾分け。


山でのおいしい料理は何物にも代え難いですね。
まぁ、隊長達はこの為に登っているといっても
ちょっと言い過ぎなくらいで、当たってます。




さてこれからが会議です。
明日の行程がまだ決まっていません
急に飯豊にしたからね。

地図を見ながら検討してみました。

当初案では、
大日岳を往復し尾西小屋にテント泊し、次の日下山。

第二案、
テントはそのまま軽量荷物で大日岳往復し、切合テント泊。

第三案、
大日岳往復は諦め、軽量荷物で御西までの往復。


台風の事を考えると3日目は早く下山したいので、当初案は却下。

初日にくたくたのやまのぼ隊が10時間オーバーの山行は?
疑問符がついたので第二案も却下。

残るは第三案のみ。消去法で決定



これでゆっくり眠れます


続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
隊長さん、お久しぶりです。
足が攣るのは大変ですよね。
私もたまに攣りそうになります。大概は頑張って大股で歩く時です。
隊長さんはやさしい奥様がマッサージしてくれるんですからいいですね
単独の私は・・・
続きを楽しみにしています!
0041
2011/09/10 22:32
0041さん、コメントありがとうございます。
攣る原因は自分なりに考えて、
筋力不足&疲労&冷え&柔軟性の欠如だと思っています。
嫁さんは攣ったことないから柔軟性が一番なのでしょうか?

0041さんならば日帰り楽勝ですよ

続きは気長にお待ちください
やまのぼ隊長
2011/09/12 14:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
飯豊山 【その2】 2011年8月末  やまのぼ倶楽部隊長日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる