登山靴の手直し part2

part1はこちら

書くのが大分遅くなりましたけど、戻ってきましたよ。
当初は2週間の予定でしたが、3週間かかりました。
隊長の登山靴、アク アイガーⅢ GTX。

家で履いてみた感想は若干広くなった
結局山へ行かないと良く分からないので、尾瀬に行ってきました。

結果は良好。
全然当たらなく快適登山でした。
ダメモトでもやってみるもんですね。

その結果を受けて、先日八ヶ岳へ行ってまいりました。
20kgの荷物のテント泊です。
寒いだろうと靴下二枚履きしたら、ちょっと当たりました。
一枚だったら快適なので夏は問題ないでしょう
山行記録は後程アップします

アクが戻ってきたので、今度はもうひとつの登山靴LOWAの番です。
憧れの槍ヶ岳も一緒だったこの靴ももう靴底の山があまりなくなってきました。
縫製のホツレもあり、購入店のさかいやスポーツに出しました。
ホツレは縫ってしまうとゴアテックス層まで一緒に穴が開いてしまうと
店員が言うので、圧着でお願いしました。
耐久性は劣るらしいけど、雨漏りは勘弁願いたいからね。
それと靴底張り替えで15,000円くらい。

数日後電話があり、縫製でもゴアテックス層を避けて縫うことができるとの事。
それじゃあ、圧着より断然縫製がいいに決まってる
縫製でお願いしました。
もうすぐ戻ってくるんじゃないかな

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック