やまのぼ倶楽部隊長日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 紅葉の穂高を行く!【4】 2010年10月上旬

<<   作成日時 : 2010/10/17 13:27   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

10時50分
紀美子平を出発。
岳沢小屋は吊尾根からも見えていたので、
感覚的には近いと思わされます。
でもこれが急でなかなか着きません。
鎖や梯子もありますよ。
コースタイム通りの2時間をたっぷり要します。
登っている人を見るととても辛そうです。

でも景色は素晴らしいですね。
画像


ここまで来るには、
画像


画像


画像


画像


画像


こんな所を通ってきます。

カモシカの立場
画像


画像


画像


画像


画像


画像


まだ急な所も出てきます。
画像


画像


おや、10月だというのに
画像



画像


画像


画像

この時は岳沢小屋より上が紅葉の見頃でした。

画像


画像


13時00分
ほぼコースタイム通りに岳沢小屋到着。
画像


ヘリの荷揚げがあるという事なので、小屋に入って避難します。
さすがに今年出来た新しい小屋なのでとても綺麗

でも小屋の方のやりとりを聞いているとヘリは違う方へ行って、
まだ来ないようです。

仕方ないので小屋の中をお借りして、食事にします。
画像


画像

お気に入りのにゅうめんです。
ネギとアスパラガスを入れます。

今まさに出来るという所でヘリが来ました。
隊長の関心はそちらへ移り、夢中でシャッターを押します。

画像


画像


画像


間近で見られたので迫力ありました。

ちょっと延びてしまったけど、おいしいです
画像

おやつタイム。
画像


水は無料。
小屋の方に感謝いたします。
画像


画像

この場所に小屋があるのと無いのでは安心感が違いますので、
ご尽力された方のただならぬ苦労に敬服致します。


14時15分 出発
岳沢小屋から上高地まではコースタイムで2時間。
先程の道とうってかわって傾斜が緩やかになります。

出発してすぐにご老体にお会いして、
「岳沢の紅葉に勝るものはなし」と話していました。

確かにこの3000mの山々が作る山岳風景と
涸沢とは一味違う紅葉は素晴らしいものがありました。
写真がうまくないので伝わらないのが残念です。
恥ずかしながら、
岳沢がこんなに素晴らしい場所とは知りませんでした。
涸沢にばかり目が行ってたのを反省いたします


上高地へと向かう道は横尾方面しか知らないので、
何かイメージが違いますね。
ふつーの山に来たみたいです。
でもそれが決して駄目という話ではありません。

画像


夏なら涼しいに違いない、きっと。
画像
画像


画像


ここまでくれば河童橋はすぐそこです。
見慣れた上高地の景色になりました

画像


画像



河童橋へ来て、隊長気づきました。
ていうかこれまた恥ずかしい話なのですが・・・。

河童橋から見える梓川と穂高の山。
この穂高の山が今下って来たルートだと
案内を見て解った次第です。
奥穂高岳から吊尾根を経て前穂高岳。
良く見ると肉眼でも岳沢小屋が見えます

画像


上高地へ5回目で知ったこの風景。
横尾に下りていたらまた気がつかなかった事間違いなし


気を取り直して、ぐびっと一杯。
画像


16時20分 上高地バスターミナル着

沢渡行きのバスの時刻を確認すると、16時45分。
うーん、待ちますね。
タクシー相乗り者でも探そうかと思っていた所、
向こうから声をかけてくれました。
お蔭でお一人様1,000円で駐車場まで戻れました。
時刻も16時45分。
タクシーはやっぱり楽ですね

安房トンネルが無料開放されたので、温泉は奥飛騨温泉郷ひらゆの森へ。
画像

ここからがまた長い道のり。
家に着いたのは次の日になってました


おしまい。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
紅葉の穂高を行く!【4】 2010年10月上旬 やまのぼ倶楽部隊長日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる